ヲタクになると決めたあの日から

私の生き甲斐であるジャニーズはもちろん、第二のヲタク人生を歩むことになったK-POP、更には日常に起きたありとあらゆることを記録していくヲタブログ

想像以上の偉大さだったSMAP

26日に「SMAP×SMAP」通称「スマスマ」が最終回を迎えた。

私は、「スマスマ」を毎週観ていたわけではない。

観るとしたら、ゲスト次第というところがあった。

 

生まれた時からやっている「スマスマ」が終わってしまうということ、SMAPが解散するということで、この日はしっかり放送を観た。

 

観ている時は、本当に終わっちゃうのかなとか、思っていた。

そもそもなぜ解散するのかもよく分かっていなかった。

 

ジャニーズ事務所には所属しているが、ジャニーズコラボステージや、カウコンへの出演などが多くなく、何か他のグループとは違うなとは感じてはいたが。

 

放送を観ていて私は、気づいたら涙を流していた。

6人のSMAPはもちろん知らない。

しかし、6人のSMAPだった時代を隠すことなく公にしていること、過去を大事にしていること。

 

メンバーの不祥事をメンバー同士でカバーしていること。

 

NEWSも元々は9人いた。

しかし、過去の映像に流れるのは現在の4人だけ。

そういうのを観てるので、SMAPは普通では出来ないことをやっているのかなと思った。

 

私の目の腫れ具合がMAXになったのは、世界に一つだけの花の直前に流れたデビュー前から今までの映像。

 

不仲説が流れる中、あの小さい頃からずーっと一緒にいたメンバーを嫌いになんかならないだろと思った。

 

やっぱり最後の世界に一つだけの花は、ティッシュ無しじゃ見ていられなかった。

(ノンストップメドレーからリアタイしていなかったので、見たのは昨日です。因みに朝っぱらから泣いてましたw)

 

やっぱりSMAPって国民的アイドルだなって思った。

常にテレビで観る存在であったし、観るだけで笑顔になれる存在であった。

 

今日で解散するわけだが、本当に解散してしまうのだろうか??

 

SMAPを超えるアイドルは今後も出てこないだろう。

 

無事に、SMAPファンが2017年を迎えられることを祈っています。

 

 

 

広告を非表示にする